続・焼豚のお話し

2015.02.10 商品のご案内

まだまだ寒い日がありますが、春の足音が近くまで来ていますね。
この冬は風邪をひかずに過ごせました、惣菜担当の岩本です。

 

さて、前回、私が書いたブログは見ていただけましたでしょうか?
今回はその続き、焼豚がどのように作られているのかを一部お見せしたいと思います!

 

焼豚を毎日焼いているのが、スチコンと呼ばれる機械です。惣菜室の窓からチラッと見えますが、あれは何だと何度か質問されました。

温度や焼き加減を設定すると自動で焼いてくれます。しかも、洗浄も自動でしてくれるんです!便利ですよね!

焼豚だけでなく、お米も炊けて魚も焼けます。デザートなんかも作れる優れものです。

 

では、焼豚を焼いていきます。

自家製のタレに漬け込んでいるので、中までタレが染み込んでジューシーになります!

きれいに並べて・・・温度と焼き加減を設定して・・・待つこと一時間・・・

DSC_1497

Before・・・

 

 

DSC_1505

After!

上手に焼けました!

 

こうして焼けた焼豚はお店に並びます。毎日美味しく焼きあがってますので皆様、ぜひご賞味あれ!