神戸牛牧場のこと

牛で、幸せに。

私たちは、牛がもたらす恵みに感謝しながら、牛を育て、共に生きて、関わる全ての人々に幸せを届ける牧場です。

牛は、人を幸せにしてくれます。
食すたびに身も心も満たしてくれるだけでなく
日々世話をする者の心を癒やします。
有機肥料に加工した牛ふんは大地に還り、農作物を豊かに実らせるなど、
様々な方法で私たちを支えてくれます。
特別な日はもちろん、普段の食事にも「本当においしい牛肉」を。
一人でも多く味わっていただくことで食生活が豊かになりますように、との想いをこめて全国へ。
丹精こめて育て上げた牛肉を安全に、自信と誇りを胸に提供し続けます。

沿革

1968年(昭和43年)
地域の農家6戸の共同出資により、「農事組合法人 神戸牛牧場」を設立。
ホルスタイン種を導入し、肥育生産を始める。
1973年(昭和48年)
北海道十勝に分場となる「南新得牧場」を開設。
1975年(昭和50年)
肉専用種を導入し、肥育生産を始める。
1992年(平成4年)
交雑種を導入し、肥育生産を始める。
2001年(平成13年)
黒毛和牛とアンガス種を交配した肉専用種(後の六甲牛)の肥育生産を始める。
2009年(平成21年)
黒毛和牛を導入し、肥育生産を始める。
同年
農事組合法人神戸牛牧場を「株式会社 神戸牛牧場」に組織変更。
2011年(平成23年)
但馬牛を導入し、肥育生産を始める。
2014年(平成26年)
精肉小売店「神戸牛牧場 直営店 マルシェ六甲店」を出店。
2016年(平成28年)
精肉通販店「神戸牛牧場 直営店 オンラインショップ」を開始。
2018年(平成30年)
精肉小売店「神戸牛牧場 直営店 マチマルシェ御影店」を出店。

ページ上部へ